リヴリー(mono種)一覧

新リヴリー

スマートフォン版リヴリーで登場するリヴリーの一覧です。
随時追加・更新していきます。

<a href='https://livly-lib.com/livly/livly-pygmy/'>ピグミー</a>のイメージ
名前ピグミー
学名splendor salve mono
(始まりの輝き)
登場日2021年7月15日(サービス開始時)
ネオベルミンお迎え時に選択可能
変身薬を生成し変身
材料赤林檎の実×10(不思議な赤林檎の木)
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考看板的リヴリー。多くの派生種がいる。
耳の形がアイスクリームに似ていることから、アイスクリームピグミーと呼ばれることもある。
<a href='https://livly-lib.com/livly/livly-cornulepus/'>コルヌレプス</a>のイメージ
名前コルヌレプス
学名Lepus cornutus mono
(角のある野兎)
登場日2021年7月15日(サービス開始時)
ネオベルミンお迎え時に選択可能
変身薬を生成し変身
材料ドングリ林檎の実×10(不思議なドングリ林檎の木)
クラシックリヴリー
での登場
なし
備考コルヌはラテン語で角を表す「cornu」で、レプスはラテン語でうさぎを表す「lepus」(または英語でうさぎ座を表す「Lepus」)からきていると思われる。
デザインは兎だが、クラシックリヴリーで登場したラビネとは同属ではない。
<a href='https://livly-lib.com/livly/livly-momoth/'>モモス</a>のイメージ
名前モモス
学名Nasus reptabunds mono
(這う鼻)
登場日2021年7月15日(サービス開始時)
ネオベルミンお迎え時に選択可能
変身薬を生成し変身
材料青ドロリ林檎の実×10(不思議な青ドロリ林檎の木)
クラシックリヴリー
での登場
なし
備考クラシックリヴリーに登場したハナアルキ、ハナマキ、プリミティブハナマキと同属。
この4匹は属名がNasusなので「鼻属」としても良さそう。
名前は「マンモス」が由来で、このリヴリーをメインリヴリーにすると放浪した際にホムが上に乗っかることがある。
<a href='https://livly-lib.com/livly/livly-blackdog/'>ブラックドッグ</a>のイメージ
名前ブラックドッグ
学名Electcitas ater mono
(黒い電気)
登場日2021年7月15日(サービス開始時)
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料電気のキノコ(原生林の樹木)×14
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考クラシックリヴリー時代から人気が高かった犬のリヴリー。
こちらも多くの派生種が存在する。
電気+犬がモチーフだからか、雷が鳴ると喜ぶらしい。
<a href='https://livly-lib.com/livly/livly-pakike/'>パキケ</a>のイメージ
名前パキケ
学名Puella corniger mono
(角のある少女)
登場日2021年7月15日(サービス開始時)
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料野苺の実(野苺の木)×14
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考スカートを履いた少女のようなリヴリー。 クラシックリヴリーの最初期は色素が少し他のリヴリーと違っており、色のコントロールが難しかった。
<a href='https://livly-lib.com/livly/livly-tsunoriml/'>ツノリムル</a>のイメージ
名前ツノリムル
学名Cornu sollers mono
(器用な角)
登場日2021年7月15日(サービス開始時)
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料知恵の木の実(知恵の木)×14
クラシックリヴリー
での登場
なし
備考スマートフォン版リヴリーの新キャラクター。
「角」が特徴で、マダラカガ、ツノツキウリューと同属。
「リムル」に意味はなく、研究員が響きの良さで決めたらしい。
ネオピグミーのイメージ
名前ネオピグミー
学名Splendor novus mono
(新しい輝き)
登場日2021年7月19日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料赤林檎の実×7(不思議な赤林檎の木)
ドングリ林檎の実×7(不思議なドングリ林檎の木)
青ドロリ林檎の実×7(不思議な青ドロリ林檎の木)
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考本来はNewリヴリーアイランドのアプリ事前登録10万人達成で配布される予定だったが、達成しなかったためサービス開始後の「木の実収穫イベント」にて配布された。
元々はクラシックリヴリー時代にLivly Island COR(旧名:Livly Island 2nd stage)の記念リヴリーとして一般配布されていた。
ピグミーよりも幼くモッチリとした印象で、人気が高い。
オーガのイメージ
名前オーガ
学名Monstrum purpureus mono
(紫の怪物)
登場日2021年7月29日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料楽園のヤシの実(楽園のヤシの木)×14
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考オーガとは神話に登場する、怪物の名前。
どちらかというと神話では悪者扱いされがちだが、リヴリーのオーガは気性が荒くなく初心者にも向いている種らしい。
クラシックリヴリーで出てきたマハラショップの管理リヴリー「マハラ」はシマオーガという種類だが、いずれプラステリンで飼育できるようになるだろうか(前作ではシマオーガは一般配布されなかった)。
<a href='https://livly-lib.com/livly/livly-sonimoguri/'>ソニモグリ</a>のイメージ
名前ソニモグリ
学名Terra splendidus mono
(鮮やかな土)
登場日2021年8月9日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料骨と生命の実(骨と生命の木)×14
クラシックリヴリー
での登場
なし
備考ジュラファントと同属。
カワセミとモグラがモデルのリヴリー。
アプリのリリース前からデザインが公開されており、その時から高い人気を得ていた。
色が変わるのは翡翠色の部分のみで、オレンジ色の部分は色変化しない。
<a href='https://livly-lib.com/livly/livly-watame/'>ワタメ</a>のイメージ
名前ワタメ
学名Xylinum candidus mono
(純白の綿)
登場日2021年8月24日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料子雲の涙プリズムの実(迷子の子雲の木)×14
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考トイプードルのような猫というイメージでデザインされたリヴリー。
名前の由来は綿飴だと思われる。
当時猫系のリヴリーは名前が「メ」で終わるという規則性があり、クロメもこれに該当する。
オオツノワタケ、キャンディスノーと同属。
<a href='https://livly-lib.com/livly/gremlin/'>グレムリン</a>のイメージ
名前グレムリン
学名Facinus salire mono
(跳ねる悪戯)
登場日2021年9月21日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料オリーブの実(オリーブの木)×14
クラシックリヴリー
での登場
なし
備考クラシックリヴリーには登場しなかった新種リヴリー。
同属種は存在しない一属一種の独立種。
一見可愛いだけに見えるが、ふいに見せる独特な表情がなんともリヴリーらしいリヴリー。
登場したのは9月だが、どことなくハロウィン種の気配も感じさせる。
マダラカガのイメージ
名前マダラカガ
学名Cornu varius mono
(斑の角)
登場日2021年10月18日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料不気味な洋梨の実(歪んだ洋梨の木)×9
スターフィッシュの実(小さなゴーストの容器の木)×9
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考クラシックリヴリーでの登場時から高い人気を博していたリヴリー。
爬虫類と哺乳類の中間をイメージしてデザインされたらしいが、どちらかというと両生類のファイアサラマンダーにかなりデザインが似ている。
その見た目とは裏腹に、体は短い毛がたくさん生えているらしい。
また、体が温かいらしいので変温動物ではなく恒温動物なのだと思われる。
「カガ」とは古語で「蛇」を意味する言葉である。
ヴォルグのイメージ
名前ヴォルグ
学名Ala tenebratius mono
(闇の翼)
登場日2021年10月25日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料不気味な洋梨の実(歪んだ洋梨の木)×9
視線を感じる実(ホテルエントランスの木)×9
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考コウモリがモチーフのハロウィン限定リヴリー。
名前の由来はオオカミを意味する「ウルフ」(英語)、「ヴォルフ」(ドイツ語)から来ている。
同じくハロウィン限定種で猫のようなクロメと対になるリヴリー。
<a href='https://livly-lib.com/livly/tobine/'>トビネ</a>のイメージ
名前トビネ
学名Cauda salire mono
(跳ねる尾)
登場日2021年11月22日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料忘れられた実×14(廃墟のグランドピアノの木)
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考クラシックの最初期から登場していたリヴリー。
実は、運営はピグミーとトビネのどちらを看板リヴリーにするか迷っていたらしい。
本種の亜種と思われる「ミドリメトビネ」という種類は管理リヴリーに多く存在した。
クラシックリヴリーでは最初期から登場していたが、飛び跳ねるモーションは作るのが難しいため、新リヴリーアイランドでは少し遅れての登場となった。
<a href='https://livly-lib.com/livly/hanapakike/'>ハナパキケ</a>のイメージ
名前ハナパキケ
学名Puella floreus mono
(花の少女、花で作った少女)
登場日2021年12月7日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料つぎはぎハートの実(秘密のドールハウスの木)×14
クラシックリヴリー
での登場
なし
備考パキケの亜種だと公式から紹介されているが、二名法のルールに基づいて学名を解釈すると亜種ではなく同属(近縁種)。
puellaはラテン語で「少女」という意味で、同属に「パキケ」「プリミティブパキケ」「プルリネ」が存在する。
<a href='https://livly-lib.com/livly/kemari/'>ケマリ</a>のイメージ
名前ケマリ
学名Avis nivalis mono
(雪の鳥)
登場日2021年12月21日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料クリスマスオーナメントの実(アットホームクリスマスの木)×9
聖夜のイエローポインセチアの実(聖夜の特別なドリンクの木)×9
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考クラシックリヴリー時代のクリスマス限定で最初に登場したリヴリー。 当時から非常に人気が高かった。 クラシックリヴリーでは本種に帽子をかぶせると顔が隠れてしまっていたが、新リヴリーでは修正され顔が見えるようになった。
<a href='https://livly-lib.com/livly/byakko/'>ビャッコ</a>のイメージ
名前ビャッコ
学名Fulgur albus mono
(白い稲妻)
登場日2022年1月1日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料松ぼっくりの実×14(松の木)
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考クラシックリヴリーでは毎年お正月にその年の干支にちなんだリヴリーが登場していたが、寅年のリヴリーのモノ種。
本種の学名が「白い稲妻」に対しブラックドッグの学名は「黒い電気」で、対になることを匂わせる学名がつけられている。
ラヴォクスのイメージ
名前ラヴォクス
学名Calix amoneus mono
(愛くるしい杯)
登場日2022年2月14日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料チューリップリースの実(チューリップリースの木)×9
スリーピーダークベリーの実(スリーピーダークベリーの木)×9
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考クラシックリヴリーでは2004年のバレンタイン限定として登場したリヴリー。
当時から非常に高い人気を誇っていた。
学名の「杯」はトランプのハートマークがタロットカードのcup(杯)であることから来ている。
ハナマキのイメージ
名前ハナマキ
学名Nasus volvo mono
(渦巻く鼻)
登場日2022年3月28日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料フープツリーの雫の実(フープツリーの木)×14
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考クラシックリヴリーからお馴染みの種。
「Livly ~不思議なペット~」時代はヤドカリ亭の管理リヴリーであるチャパティしか本種が存在しなかったが、β版移行に伴い一般配布されるようになった。
フリーキーデザインのイシザカさんがデザインされた。
モノコーンのイメージ
名前モノコーン
学名Monoceros candidus mono
(白い一角獣)
登場日2022年4月11日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料青い花の実(停止岩の木)×14
クラシックリヴリー
での登場
なし
備考クラシックリヴリーには登場していない新種。
新種リヴリー予想でシルエットのみ公開され、イッカクフェレルに似ていると話題になっていた。
フリーキーデザインのイシザカさんがデザインされた。
ムシチョウのイメージ
名前ムシチョウ
学名Phoenix penni-non mono
(翼のない不死鳥)
登場日2022年5月2日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料祈りのロウソクの実(黄金の光をまとう神樹)×9
研究室のフラスコの実(お城の王座の木)×9
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考クラシックリヴリー時代にはG.L.L限定リヴリーとして配布されていたリヴリー。
錬金術の象徴的なイメージである「不死鳥」がモチーフ。
本種の祖先はディノトプスと思われる。
ピキのイメージ
名前ピキ
学名Auris dicere mono
(話す耳)
登場日2022年6月6日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料無限花の実(盆上の無限花の木)×14
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考クラシックリヴリー時代は限定リヴリーだったが、なぜかリブートしたリヴリーアイランドではネオベルミンの材料が1種類のみの通常リヴリーとして扱われている。
身体がピンク色なのはKiss FM KOBEのイメージカラーがピンク色であることからきている。
ファードットのイメージ
名前ファードット
学名Punctum multum mono
(たくさんの斑紋)
登場日2022年7月4日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料ピンクチェリーの実(ピンクチェリーの木)×14
クラシックリヴリー
での登場
なし
備考クラシックリヴリーには登場しなかった新リヴリー。
Punctum属のリヴリーは他におらず、一属一種の独立種。
赤く鋭い爪は甲虫を割って食べるのに使うらしい。
可愛らしい見た目とは裏腹に懐きにくい性格のリヴリー。
アメノヒグラシのイメージ
名前アメノヒグラシ
学名Pluvia vivus mono
(生きている雨)
登場日2022年8月15日
ネオベルミン変身薬を生成し変身
材料ビニールヤシの木の実(サマープールスライダーの木)×14
クラシックリヴリー
での登場
あり
備考カエルがモチーフのリヴリー。
クラシックリヴリーではかなり初期の方から配布されていたが、飛び跳ねるモーションは作るのが難しいせいか少し遅れての登場となった。
かつて管理リヴリーであったコウ作とコーネリアスの種「シマノグラシ」は、本種の亜種だと考えられる。
アーキタイプのイメージ
名前アーキタイプ
学名Nemo mutus mono
(物言わぬ何者でもない者)
登場日2021月11月11日
ネオベルミンお迎え時に選択可能
※ネオベルミンの生成は不可
材料-
クラシックリヴリー
での登場
なし
備考ネオベルミンの生成は不可能という珍しいタイプのリヴリーで、お迎え時に選択することでのみ飼育が可能となる。
ネオベルミンによる別種への変身に抵抗がある飼い主のために、ネオベルミンでの変身に適したように作られた種。
鳴くこともなく、餌を食べる時もモーションが変わらない。
名前のアーキタイプ(archetype)は「原型」という意味がある。

※モモスと一緒に移動した場合、ズボンを履いている場合は跨ります。
スカートの場合は横座りして、短いスカートの場合は乗っかりません。

※上記以外に、以下のリヴリーの画像が確認されています。

  • ゲッコウヤグラ
  • ジュラファント
  • ハナマキ
  • ハナアルキ
  • クンパ
  • アメノヒグラシ

クラシックリヴリー一覧はこちら!

タイトルとURLをコピーしました